Home  |  All  |  Log in  |  RSS

Hobbla!!

LEICA D-LUX3で撮るドイツの情景。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青空と雲の予言、港の情景。

L1040161.jpg

ぐるりと大きなハンブルグ港を遊覧した僕らを乗せた船は、方向を転換してまた出発地点である(そして終着点でもある)岸辺へと向かい進んでいった。相変わらずハンブルグの街の上には雪や雨をもたらす真っ白な雲が、ダイナミックに街全体を覆い尽くしていた。

L1040166.jpg

L1040165.jpg

地図を見ると分かると思うが、実はこの世界でも指折りの規模を誇るハンブルグ港は海に面していない。ここから海に出るには、かなりの距離をタグボートにひかれていかなければ大海原に出る事は出来ない。また内陸の港である悩みの一つが、港に堆積する土石流。川や水路の流れとともに多くの土や砂が港に堆積し、水深を上げてしまうそうだ。そうすると、大きな船は港へ寄航する事が出来なくなってしまい、港街ハンブルグとしては存続の危機となってしまう。そのためにこの港では、港の設備の充実と拡大の他に、港の堆積物の除去という大きな仕事が常につきまとうそうだ。写真にある赤い船はそんな堆積物除去を担当する船。この港には輸送船の他にも、実に色々な種類の小型船が港の運営のために稼働している。

L1040168.jpg

ハンブルグ港は、造船業もまだまだ盛んなそうだ。上の写真は建造中の豪華クルーズ船。確かデンマークからの発注だったように記憶している。以前はこんな豪華客船に乗って旅するのが僕の夢だったが、最近は妻に毒されたのか(?)あまり豪華客船での休暇にそれほど関心を持たないようになった。妻曰く「あんな閉鎖的な空間で休暇を楽しもうって方がそもそも間違いなのよ。」と言う意見を聞かされているうちに、どうやら僕の思考回路もいつの間にか妻の考えにすっかり同調してしまったようだ。

L1040175.jpg

逆光の中、雲間に浮かび上がるドッグのシルエットの様子。港には実にたくさんの種類のクレーンがある。そのクレーンが、まるで中世の教会の尖塔の如く青空にそびえる様を見上げるのが、僕は結構好きだ。

L1040180.jpg

再開発の進む、以前は港の倉庫だった地域。中央右に見えるクレーンが群生している建物は、新たに建築が進む大ホールだそうだ。素晴らしい音楽を聴き、休憩時間には素敵な港の光景を見下ろしながらシャンペンを楽しむ。実に贅沢な時間を過ごす事が出来そうな、最高のロケーションのホールではないか。

L1040183.jpg

まさに丁度今が工事のまっただ中と言うにふさわしい、この港再開発地区。古くからのレンガ作りの倉庫はそのままに、新たに埋め立てられた地に続々と建設されるモダンな外見の建物。そんな光景を眺めつつ僕は「こんな素敵な場所に住めたらいいなぁ~。」と呟くと、妻は「そうね~素敵でしょうね。でも私たちには天地がひっくり返ってもこんな場所に住む事は出来ないでしょうね。」と答える。それもその筈。この地域は物価の高いハンブルグの中でも今一番注目されている地域で、ここらの物件は並大抵の値段では購入できないのが現実だからだ。この会話からも分かるように、夢見がちな僕に対し妻は現実的。こうして夫婦のバランスはとられているのだろう。

L1040189.jpg

そうこうしているうちに船は遊覧を終え、元きた場所へと向かう。正味一時間のハンブルグ港遊覧だったが、予想に反してとても楽しめた。いささか寒すぎたのが玉に傷だったが、僕らは港に降りてから大急ぎで冷えた体を温めるためにカフェに向かったのでそれほど問題ではなかった。
最終地点へと僕らの船が向かうと同時に、両脇には雲が開き中央に青空がのぞいた。それはまるで昔、古い映画で見たモーゼが大海を渡った時に海が割れた様を連想させた。その青空と雲から得た連想が行く道を定めたのか、僕らは港についてからも大きなトラブルに見舞われる事も無く、天候にも恵まれ、たったの三日間という短い束の間の小旅行を、最後の最後まで実に円滑に心行くまで満喫する事が出来た。

2008年3月26日撮影 Hansestadt Hamburg
スポンサーサイト

Intermezzo -モノクロームの瞬間。

L1040158.jpg

ハンブルグ湾を横断する大きな橋。ハンブルグ湾遊覧中の一時間、僕らの予想に反し天気は実にめまぐるしく変化する。吹き付ける寒風、穏やかな春の太陽。そして遂にはこの長大な橋を通過したあたりで雪が降ってきた。カメラの設定はカラーのまま。しかし逆光の中浮かび上がるその風景は、鮮やかな色を失い、まるでモノクローム(白黒)写真で映し出されたかのようだった。

2008年3月26日撮影 Hansestadt Hamburg

ハンブルグ湾遊覧。

L1040148.jpg

僕らの乗った遊覧船はいよいよ岸辺を離れ、入り組んだ港へと進んで行く。岸を離れると不思議と身に沁みる冷たい風は収まり、剥き出しのデッキにいてもそれほど寒さを感じなくなった。船の前方には次々と巨大なクレーンが現れ、実に港らしい景観を演出していた。

L1040150.jpg

妻がいきなり「知っている?あのクレーン、全自動で動くんだって。」と教えてくれた。「へ~」と感心していると、港のガイドの親父が面白可笑しく「あのクレーンの群れはすべて全自動で仕事をこなします。以前はすべて人任せでクレーンを操作しコンテナを搬出していたのですが、いまはすべてコンピューター制御。そんな訳で私は今ここでガイドの仕事をしています。」と嘘だかほんとだか分からないことを言っていた。

L1040162.jpg

意外な事を妻は知っているんだなぁと感心していると、今度はガイドが「面舵側に見えるのが『鉄くずの山』です。鉄くずと入ってもゴミではなく、金の山なのです。遥か東の国、日本からやって来るトヨタやホンダやカワサキといった車やバイク達はヨーロッパでその生涯を閉じ、今度はまたはるばると東の国。中国へと買われてゆくのです。」と鉄くずの山の横を通り過ぎながら言った。そのガイドの世界を巡る鉄くずの話を聞いていると、ふと僕の頭にはバトンリレーのような不思議なイメージが浮かんできた。

L1040173.jpg

そんなくだらない事を考えながら鉄くずの山を見ていると、妻が「ねぇ前を見て!あの雲なんだか中にUFOでもいそうじゃない?」と言った。なるほど妻が言うように、なんだか中に何かが隠れていそうな雲だ。しかし何故にUFO?と思われる方もいるだろう。何を隠そう実はこの小旅行の直前、イースター休日に暇を弄んでいた僕たちは、ウィル・スミス主演のSF映画「インディペンデンス・デイ」をあ~だこ~だ文句をいいながら一緒に見たばかりだったからだ。

2008年3月26日撮影 Hansestadt Hamburg

寒風、水上からの風景。

L1040125.jpg

とても幾何学的に配置されたハンブルグ港に面した住宅街。様々な色に塗られた家々がとても鮮やかに見えた。

L1040132k.jpg

多くの観光客は吹き付ける冷たい港の風を避けるようにキャビンから港の風景を楽しんでいた。シャッターを押す指がかじかみ、思わず歯がガタガタ言ってしまう程の寒さの中、デッキ席にいたのは、僕らと数人の子供達とその親。何れも写真を撮るという目的を持ったもの達だけだった。

L1040126.jpg

港を行き交う多くの遊覧船。隅田川の宴会舟みたいな小型船から、写真のようなアメリカンな外見の派手な遊覧船まで、大小実に色々な船が観光客を乗せて港を行き交う。下船の際に話した、僕らが乗船した船のガイドの親父は、以前はこの派手なミシシッピー号で働いていたらしい。何でもこの船、夏は良いが、寒い時期には船体後方の水車から跳ね返って来る水しぶきでとんでもない事になるらしい。ガイドの親父曰く「ありゃ欠陥船だよ」との事。

L1040142.jpg

港と言えばカモメ。カモメと言えば海。そう、港とは切っても切れない鳥が大空を滑走する白いカモメ。このハンブルグ港にも多くのカモメが飛び交っていた。写真は人が上陸できない中州で羽を休めるカモメの群れ。ココで一休みしたら、また港に戻り通りすがりの観光客から餌を貰うために飛び立って行くのだろうか。

2008年3月26日撮影 Hansestadt Hamburg

レンガの街。

L1040117.jpg

ハンブルグ。北ドイツに位置するこの街は、ヨーロッパでも指折りの港町だ。世界共通、港町にはレンガ造りの建物が多く、このハンブルグも例外ではない。

2008年3月26日撮影  Hansestadt Hamburg

凍える夜の大観覧車。

L1040103.jpg

ハンブルグ小旅行の初日の夕食は、ドイツ一の歓楽街と言われるReeperbahnへ中華を食べに出向いた。前回一人でここを訪れた時には、そうとは知らずに表通りのあちこちに立つ売春婦達の執拗な誘惑を逃れるのに苦労したが、今回は横に妻がいたおかげで売春婦達を難なくスルー。そんな僕の横で、妻は日頃見慣れない売春婦達の立つ通りの情景を、実に物珍しそうに観察していた。
お目当ての中華レストランについた僕らは、港町ならではの新鮮な海鮮魚を前菜に、メインに僕は海老蒸し餃子がこれでもかという程入ったさっぱりしたラーメンを、そして妻は回鍋肉をそれぞれ平らげる。妻は回鍋肉よりも、僕の海老蒸し餃子麺のほうが気に入ったらしかった。

大満足で中華レストランを後にした僕らは、ビルの谷間から見える大観覧車を発見する。二人とも観覧車に乗る気満々でその場に到着したものの、3月らしからぬ寒さと降り出した雪、そして剥き出しの観覧車のキャビンを見上げ僕らは観覧車に乗るのをあきらめる。というのも、ガラスのない剥き出しのキャビンと容赦ない冬の凍てつくような風は、食後の幸福な満腹感に浸る僕らにはいささか寒すぎたからだ。

2008年3月25日撮影 Hansestadat Hamburg -Hamburger DOM

ノスタルジック・ドレスデン#3。

L1020696.jpg

ただ呆然と重厚なセピア色の石造りの街を眺める。

2007年10月27日撮影  Sachsen -Dresden
プロフィール

buck.

Author:buck.
ドイツの普通の日常をLeica D-LUX3で撮影。

カレンダー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。