Home  |  All  |  Log in  |  RSS

Hobbla!!

LEICA D-LUX3で撮るドイツの情景。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒風、水上からの風景。

L1040125.jpg

とても幾何学的に配置されたハンブルグ港に面した住宅街。様々な色に塗られた家々がとても鮮やかに見えた。

L1040132k.jpg

多くの観光客は吹き付ける冷たい港の風を避けるようにキャビンから港の風景を楽しんでいた。シャッターを押す指がかじかみ、思わず歯がガタガタ言ってしまう程の寒さの中、デッキ席にいたのは、僕らと数人の子供達とその親。何れも写真を撮るという目的を持ったもの達だけだった。

L1040126.jpg

港を行き交う多くの遊覧船。隅田川の宴会舟みたいな小型船から、写真のようなアメリカンな外見の派手な遊覧船まで、大小実に色々な船が観光客を乗せて港を行き交う。下船の際に話した、僕らが乗船した船のガイドの親父は、以前はこの派手なミシシッピー号で働いていたらしい。何でもこの船、夏は良いが、寒い時期には船体後方の水車から跳ね返って来る水しぶきでとんでもない事になるらしい。ガイドの親父曰く「ありゃ欠陥船だよ」との事。

L1040142.jpg

港と言えばカモメ。カモメと言えば海。そう、港とは切っても切れない鳥が大空を滑走する白いカモメ。このハンブルグ港にも多くのカモメが飛び交っていた。写真は人が上陸できない中州で羽を休めるカモメの群れ。ココで一休みしたら、また港に戻り通りすがりの観光客から餌を貰うために飛び立って行くのだろうか。

2008年3月26日撮影 Hansestadt Hamburg
スポンサーサイト
プロフィール

buck.

Author:buck.
ドイツの普通の日常をLeica D-LUX3で撮影。

カレンダー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。