Home  |  All  |  Log in  |  RSS

Hobbla!!

LEICA D-LUX3で撮るドイツの情景。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夕焼け小焼け。

L1010363.jpg

「夕焼け小焼けで日が暮れて・・・」誰でも知っている童謡の一節。ここドイツではお寺の鐘は鳴りませんが、その代わりに荘厳な教会の鐘が夕焼け空に響き渡ります。国は変われど僕の心に変わらずに感じるのは、夕焼け空に鳴り響く鐘の音が作り出す一種の望郷の念にも似た焦燥の感覚。特にこの季節、去り行く夏の美しい夕暮れ時の鐘の音に、一際時の移り変わりの早さと寂しさを感じます。

2007年8月22日撮影 Baden-Wuerttemberg -Bodensee, Konstanz
スポンサーサイト
Comment
off URL ] #-
こんにちは。
LEICA D-LUX3快調ですね。
二代目CONTAX Tvs-Dも順調の様子。良かったですね。
東京は随分と涼しくなりました。一挙に秋の気配が漂っています。

>一種の望郷の念にも似た焦燥の感覚
ウ~ン、分かります。

日本では子供達の夏休みも終わり、来週からは新学期です。
私の場合、毎日が夏休みの最終日のようなの焦燥感(サボリ過ぎ?)
ですけどね。
 2007.09.01 Sat 09:31 [ Edit ]
buck URL ] #zu7n1vHY
offさん、ご無沙汰です!!
久しぶりの夏の長期休暇旅行から戻り、月曜から新シーズンが始まりました。ドイツは既に秋というよりは冬の始まりと呼ぶにふさわしい寒い日が続いています。うちも早速暖房を入れましたです。
>LEICA D-LUX3快調ですね。
嬉しいコメントありがとうございます^^。おかげさまで四苦八苦していたD-LUX3、どうにかこうにか手に馴染んできた感じです。
今回の旅行でもTvsよりもD-LUX3の方がメインでした。二代目Tvs、とてもシャープで鮮明な画が撮れるのですが、先代のような土臭さ(?)が無く、とても優等生的な写真が撮れてしまうところが不満です。WBもお天気モードのかかり具合も先代とは全く異なり、色的に自分の狙ったのとは違う色が撮れていたりする事が多く、「本当にコレ同じカメラなの?」てな感じです。初代、早く直したいものです。

僕の住んでいる州は今週から新学期。僕なんてoffさんのように”焦燥感”すらなく、未だ毎日が夏休みまっただ中てな感じでエンジンがかかりません。年とともに段々焦燥感も緊張感も薄れてきているようで本当に困ったものです。。。(汗
 2007.09.12 Wed 04:39 [ Edit ]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://buckdlux.blog103.fc2.com/tb.php/11-61f5b4f9
プロフィール

buck.

Author:buck.
ドイツの普通の日常をLeica D-LUX3で撮影。

カレンダー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。