Home  |  All  |  Log in  |  RSS

Hobbla!!

LEICA D-LUX3で撮るドイツの情景。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立ち枯れ。

L1010076.jpg

久しぶりの午後の散歩の途中、僕らが住む小さな町のシンボルでもある古い石橋のたもとで見つけた、立ち枯れてしまった黄色い花のつぼみ。花開く事無く枯れてしまったこの蕾、察するに今年の冷夏の所為だろうか。そういえばうちのハイビスカスも蕾のまま中々花を開かないです。
ドイツを含む北ヨーロッパでは、地域によっては大規模な水害も出たほど全体的に雨の多い肌寒い今年の夏。その反対に南ドイツでは、各地で大規模な山火事や熱波で死者が出るほどの酷暑。どうも今年のヨーロッパの夏は地域によって冷夏・酷暑と両極端のよう。この南北ヨーロッパの気候を、きっと足して2で割ればマイルドで過ごし易いちょうど良い夏になるのだろうけど、決してそんな単純な算数では解決しないからこその、人間ではコントロールする事の出来ない偉大な自然の脅威なのだろうと、ふとこの立ち枯れた花の蕾を見て考えてしまいました。

2007年8月16日撮影
スポンサーサイト
Comment
マーチ娘。 [ URL ] #-
わぁ~♪
新しい相棒ができたのですね!^^

ほんと、ここ最近の地球は狂ったかのようですね。
こちら青森も、とても短い夏ですが、30度を超える寝苦しい日があったと
思えば、
いきなりブランケットが必要と思うくらい、肌寒くなったり…

また素晴らしい風景を楽しみにしています♪
 2007.08.20 Mon 08:57 [ Edit ]
buck URL ] #zu7n1vHY
マーチ娘。さん、新しいブログへの来訪&コメントありがとうございます!!!
新しい相棒できちゃいました^^。中々個性の強いやつですがどうにか巧くやっていきそうです。

異常気象と言われ始めてはや吽年。何だかここ数年ののドイツにおいて、冷夏と暖冬というのは普通となりつつあるように思えます。環境破壊による異常気象なのか、それともゆっくりとした全地球の気候の変化(氷河期から温暖期へのような)なのか最近では計りかねます。

今年の日本の暑さは尋常ではないようですね。青森でも夜でも30℃というのは本当に暑いのでしょうね。こちらも日中日が射せばTシャツでも気持ちのよい気温になりますが、夜には長袖やパーカーが無ければ風邪をひいてしまいそうな気温にまで下がってします。
マーチ娘。さんも気温の変化に体調を崩されないよう、この季節ならではの八戸の美味しいものを食べて(羨)酷暑を乗り切って下さいませ♪
 2007.08.21 Tue 00:19 [ Edit ]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://buckdlux.blog103.fc2.com/tb.php/5-3d2d4e8c
プロフィール

buck.

Author:buck.
ドイツの普通の日常をLeica D-LUX3で撮影。

カレンダー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。