Home  |  All  |  Log in  |  RSS

Hobbla!!

LEICA D-LUX3で撮るドイツの情景。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンブルグ湾遊覧。

L1040148.jpg

僕らの乗った遊覧船はいよいよ岸辺を離れ、入り組んだ港へと進んで行く。岸を離れると不思議と身に沁みる冷たい風は収まり、剥き出しのデッキにいてもそれほど寒さを感じなくなった。船の前方には次々と巨大なクレーンが現れ、実に港らしい景観を演出していた。

L1040150.jpg

妻がいきなり「知っている?あのクレーン、全自動で動くんだって。」と教えてくれた。「へ~」と感心していると、港のガイドの親父が面白可笑しく「あのクレーンの群れはすべて全自動で仕事をこなします。以前はすべて人任せでクレーンを操作しコンテナを搬出していたのですが、いまはすべてコンピューター制御。そんな訳で私は今ここでガイドの仕事をしています。」と嘘だかほんとだか分からないことを言っていた。

L1040162.jpg

意外な事を妻は知っているんだなぁと感心していると、今度はガイドが「面舵側に見えるのが『鉄くずの山』です。鉄くずと入ってもゴミではなく、金の山なのです。遥か東の国、日本からやって来るトヨタやホンダやカワサキといった車やバイク達はヨーロッパでその生涯を閉じ、今度はまたはるばると東の国。中国へと買われてゆくのです。」と鉄くずの山の横を通り過ぎながら言った。そのガイドの世界を巡る鉄くずの話を聞いていると、ふと僕の頭にはバトンリレーのような不思議なイメージが浮かんできた。

L1040173.jpg

そんなくだらない事を考えながら鉄くずの山を見ていると、妻が「ねぇ前を見て!あの雲なんだか中にUFOでもいそうじゃない?」と言った。なるほど妻が言うように、なんだか中に何かが隠れていそうな雲だ。しかし何故にUFO?と思われる方もいるだろう。何を隠そう実はこの小旅行の直前、イースター休日に暇を弄んでいた僕たちは、ウィル・スミス主演のSF映画「インディペンデンス・デイ」をあ~だこ~だ文句をいいながら一緒に見たばかりだったからだ。

2008年3月26日撮影 Hansestadt Hamburg
スポンサーサイト
Comment






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://buckdlux.blog103.fc2.com/tb.php/55-7c95354c
プロフィール

buck.

Author:buck.
ドイツの普通の日常をLeica D-LUX3で撮影。

カレンダー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。